保育園の考え

児童憲章

  • われらは、日本国憲法の精神にしたがい、児童に対する正しい観念を確立し、すべての児童の幸福をはかるために、この憲章を定める。
  • 児童は、人として尊ばれる。
  • 児童は、社会の一員として重んぜられる。
  • 児童は、よい環境のなかで育てられる。
  1. すべての児童は、心身ともに、健やかにうまれ、育てられ、その生活を保障される。
  2. すべての児童は、家庭で、正しい愛情と知識と技術をもって育てられ、家庭に恵まれない児童には、これにかわる環境が与えられる。
  3. すべての児童は、適当な栄養と住居と被服が与えられ、また、疾病と災害からまもられる。
  4. すべての児童は、個性と能力に応じて教育され、社会の一員としての責任を自主的に果たすように、みちびかれる。
  5. すべての児童は、自然を愛し、科学と芸術を尊ぶようにみちびかれ、また、道徳的心情がつちかわれる。
  6. すべての児童は、就学のみちを確保され、また、十分に整った教育の施設を用意される。
  7. すべての児童は、職業指導を受ける機会が与えられる。
  8. すべての児童は、その労働において、心身の発育が阻害されず、教育を受ける機会が失われず、また児童としての生活がさまたげられないように十分に保護される。
  9. すべての児童は、よい遊び場と文化財を用意され、わるい環境からまもられる。
  10. すべての児童は、虐待、酷使、放任その他不当な取扱からまもられる。あやまちをおかした児童は、適切に保護指導される。
  11. すべての児童は、身体が不自由な場合、または精神の機能が不十分な場合に、適切な治療と教育と保護が与えられる。
  12. すべての児童は、愛とまことによって結ばれ、よい国民として人類の平和と文化に貢献するように、みちびかれる。

基本理念

子ども・保護者・職員・地域みんなの今・未来が輝くことを使命とする。

保育理念

画像

環境を通して子どもが主体性を持ち、個性と社会性を充分に伸ばす保育を行う。

保育方針

1
心身ともに健康で豊かな個性を育む保育を行う
2
基本的な生活習慣やマナーを育む保育を行う
3
人・環境との関わりを通して愛情やモラル等の豊かな社会性を育む保育を行う
4
環境を通して日常生活の手法、感覚、文化、言語、数への興味の芽生えと個々に応じた発展を支える保育を行う

保育目標

柿の実保育園では3つの保育目標を掲げています。

  • その1 素直で明るい元気な子
  • その2 思いやりのある子
  • その3 考えて行動し最後までやり遂げる子

この3つの保育目標を通して、ひとりの人間として人生を生きる強い力、人間力を身に着けてもらいたいと思っています。

保育園の特色

画像

伝承行事・社会行事
この国に生きることへの感謝の心を伝えます。沖縄の文化・伝承そのものを子どもの心にどう宿していくか…。 季節を感じ、沖縄の文化を知る。そして、社会に目を向ける意識を育てます。
伝承行事とは、世代から世代に伝えられてきた民族文化遺産であるといえます。そのようなものが薄れゆくこの時代だからこそ、その由来や意味を教え、日本の生活文化の持つ良さや楽しさをしっかりと子どもたちに伝えていきたいと思います。
社会行事とは、季節や生活の伝承とは関係なく社会生活に必要な事柄を、特に集中的に意識化するためのものです。それらの行事に参加したり、見たりすることで、社会行事の意味を知り、周囲への感謝の気持ちを育んでいきます。

画像

個性的な保育活動
保育内容に様々な変化と工夫を凝らすことで子どもたちの潜在能力を引き出します。柿の実保育園ならではの保育活動。たくさんの体験を通して新しい自分を発見します。
一人ひとりが持っている能力はそれぞれ違いますが、自分でその力に気付くのは難しいことです。多様な体験を通して自分の力を知ったり、新たな一面に気付いたり、自分らしさを身に付けて欲しいと考えています。又、ひとりの力は小さいけれどみんなで力を合わせると大きな力になり、勇気が湧いてくることを感じながらお互いに支え合い、いろんなことに挑戦していきます。子どもも立ちが毎日を健康で安全に安心して生活できるようにし、毎日を楽しく過ごせるように様々な活動を取り入れて、一人ひとりの心身の発達の支援に取り組んでいます。

画像

食育の方針
「食」は「生きる」の源です。食育を広い意味で捉え、育てます。
生きるために欠かせない、食に関心を持たせる。食事を楽しみながら学びます。
食育とは健全で豊かな食生活を送る能力を育てようとするものです。食べるという行為の中には料理に使われている食材や様々な味を知り、考えるということも含まれます。
又、ひとりで食べるのではなく、感じたことや思っていることをお友だちと楽しく話しながら食べることによって、嫌いな食べものが食べられるようになったり、次へ挑戦してみようという意識が芽生え、達成感・喜び・自信を持つことができます。
その他に当園では年齢にあった食事のマナーも教えています。手伝いや当番をすることにより、人のために働く喜びや他人に気を配る思いやりの心を育みます。食べるということを通して、身体だけでなく心も成長していくのです。

画像

はだし保育
柿の実保育園では、開園当初から「はだし保育」を行っています。はだしで歩いたり、運動したりすることで、足裏にある土踏まずが成長・形成され、足が鍛えられることで健康を保ちます。
又、足の筋肉のコントロールによって、身体のバランスが保たれ、平衡感覚も育ちます。土踏まずの形成によって、足の裏のアーチの形状ばバネのように作用し、足にかかる負担を緩和することができます。